•  原邸NEW
  • 五十嵐邸NEW
  • 内山邸NEW
  • 相川邸NEW
  • 伊藤邸NEW
  • 杉本邸NEW
  • 野宮邸NEW
  • 本多邸NEW
  • ビューティーサロンBeautearNEW
  • 市原カフェNEW

活動エリアは千葉・市原・袖ヶ浦・木更津・君津・富津など

リフォーム専科

増築で快適な暮らしを・・・増築プランのポイントは?

「家族が増えるが部屋が足りない」「趣味を楽しむスペースが欲しい」
「沢山の友人を呼んでゆったり語らいたい」「収納が少なく荷物が溢れて片付かない」・・・・・

さまざまな動機から快適な暮らしを求めて、建替え新築に比べて低コストの増築をする方が増えています。

増築には法的規制への対応、既存建物との繋ぎ方「納まり」に専門的な知見、技能が欠 かせません。


増築のポイント

法規対応
先ず確認すべきポイントです。10u超の増築には建築確認申請が必要です。
また、用途地域毎に建物の高さ、建ぺい率、容積率が定められており、既存建物部分と増築部分を一体として建築可能範囲を算定します。
夢の整理
動機と実現したいこと整理し書き出すことです。
家族のライフスタイルに 照らして何としても実現したいところ、妥協できるところを考えて、予算との兼ね合 いで優先順位を決めることも大切です。
プラン
実行時期、予算、動線、日照、通風、プライバシー確保(窓、防遮音など)、近隣配慮(日照、通風など)、付帯設備、内外装デザイン(既存建物との調和)など、項目別にプランを立てます。
将来のライフスタイルの変化も併考したいものです。
構造設計
プランに基づき、既存建物の取り壊し部分を最小限とし、耐震強度を満 する設計を行います。
特に既存建物との納まりをどうするかは大切で、耐震性、防水 性、施工費を大きく左右します。
豊富な経験に裏打ちされた専門的な知見、多様な技 能を有する業者を選ぶ必要があります。

増築に多様な経験を有する空間工房の匠達がお客様の夢を明快なプランに仕立てて、快適な住空間に創り上げます。お気軽にご相談下さい。

増築事例の紹介

平面図

ご子息家族との同居を機に、近隣配慮しつつ既存建物の庭側に洋室を増築した事例です。

プライバシーを保つ様、二世帯の団欒の場となる既存建物のリビング(洋室8畳)とは広縁を設けて繋ぎました。

庭の地盤強度は堅固で、重量ブロックによる布基礎とし、増築部分の屋根掛けは既存建物の外壁に繋ぎ込みました

プレハブ工法では難しいミリ単位でのスペース活用、手刻みならではの熟練した職人技を随所に織り込みながらも
コストミニマムを追及した当事例の施工手順をご覧下さい。

画像をクリックすると写真を拡大して御覧いただけます。

施工前状況

施工前状況

施工前状況

施工前状況

水盛遣り方

水盛遣り方

基礎 砕石固め

基礎 砕石固め

布基礎従量ブロック積み

布基礎従量ブロック積み

布基礎横筋施工

布基礎横筋施工

布基礎完成

布基礎完成

桁・柱刻み

桁・柱刻み

梁刻み

梁刻み

梁刻み

梁刻み

土台敷き

土台敷き

梁継手形状

梁継手形状

棟上げ 柱桁組み

棟上げ 柱桁組み

棟上げ 梁懸け

棟上げ 梁懸け

棟上げ 小屋組み

棟上げ 小屋組み

火打金物

火打金物

壁梁桁羽子板ボルト仕口

梁桁羽子板ボルト仕口

大引き・根太敷き

大引き・根太敷き

床断熱材施工

床断熱材施工

壁断熱材・下地施工

壁断熱材・下地施工

広縁フローリング張り

広縁フローリング張り

外壁サイディング張り・屋根軽量瓦葺き

外壁サイディング張り
屋根軽量瓦葺き

天井断熱材・ボード施工

天井断熱材・ボード施工

内装下地パテ掛け

内装下地パテ掛け

完成 広縁側ドア

完成 広縁側ドア

完成 庭側室内

完成 庭側室内

完成 収納部

完成 収納部

完成 収納内部

完成 収納内部

完成 外観

完成 外観