•  原邸NEW
  • 五十嵐邸NEW
  • 内山邸NEW
  • 相川邸NEW
  • 伊藤邸NEW
  • 杉本邸NEW
  • 野宮邸NEW
  • 本多邸NEW
  • ビューティーサロンBeautearNEW
  • 市原カフェNEW

活動エリアは千葉・市原・袖ヶ浦・木更津・君津・富津など

新築専科

上棟式

上棟式(じょうとうしき)とは、建物新築の際に行われる祭祀で、棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)ともいいます。
竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、通常、柱・棟・梁等を骨組みし棟木を上げる時に行います。
一般的には住宅では神主を呼ばず、屋上に祭壇を設け、棟梁が中心となって儀式を執り行います。
上棟式特有の儀礼として、曳綱の儀(棟木を曳き上げる)、槌打の儀(棟木を棟に打ちつける)、 散餅銭の儀(餅や銭貨を撒く)が行われます。
儀式後、直会(なおらい)という工事の無事を願い職人をねぎらう宴を催すこともあります。
近年、地域差はありますが上棟式を行わない方が多く、行わないからと言って、職人たちが手抜き工事するなどということはありませんので、ご安心下さい。

上棟式の流れ

祭場設営
屋上に祭壇を設け、棟木に幣束(へいそく)、破魔矢を立てる
清めの儀
東南西北中央の順に塩を散じる
修祓の儀
棟梁が祭壇に向い振幣でお祓いする
降神の儀
棟梁が祭壇の前で礼拝し、御神酒を開栓する
祝詞奏上
施主または棟梁が上棟の祝詞を奏上する
四方固めの儀
東南西北中央の順に酒、米、塩を散じる
槌打ちの儀
棟梁が盤木を木槌で打ち、施主・親族、工事関係者の健康繁栄をお祈りする
礼拝の儀
東南西北祭壇の順にその方角に向かい、棟梁の掛け声で一斉に礼拝する
昇神の儀
棟梁が祭壇に向かい礼拝する
撤饌の儀
お供物を下げ、参列者で御神酒を戴く
散餅銭の儀
建物の四方に餅を投げ、お福分けの集客に向かって餅・銭貨・菓子等を撒く
上棟式後に行うこと
・職人をねぎらう宴:直会(なおらい)を催すこともある
・施主挨拶、職人紹介等
・施主から職人へご祝儀を渡す

上棟式の一風景

画像をクリックすると写真を拡大して御覧いただけます。

幣束作り

幣束作り

破魔矢作り

破魔矢作り

五色旗・幣束・破魔矢建て

五色旗・幣束・破魔矢建て

槌打ちの儀

槌打ちの儀

礼拝の儀

礼拝の儀

直会

直会

散餅銭の儀

散餅銭の儀

散餅銭の儀

散餅銭の儀

施主様謝辞

施主様謝辞

施主様ご祝儀

施主様ご祝儀

上棟手締め

上棟手締め